選択範囲をストライプ柄にするExcelVBA

タテにもヨコにも長いExcelの真っ白なリストを見ていると、どこを見ているかわからなくなり、一時的にでも交互に網掛けしたい時があります。

そんな時に偶数行に一つずつ塗りつぶしするのは非効率なので、ちょっとしたストライプ柄に塗りつぶすマクロを作成しました。

EXCEL2013,EXCEL2016で動作確認したことがあります。

選択範囲をストライプ柄にするExcelVBAマクロ

Sub ストライプ()
    Dim i As Long
    Dim 先頭行 As Long
    Dim 先頭列 As Long
    Dim 最終行 As Long
    Dim 最終列 As Long
    先頭行 = Selection(1).Row
    先頭列 = Selection(1).Column
    最終行 = Selection(Selection.Count).Row
    最終列 = Selection(Selection.Count).Column
Application.ScreenUpdating = False
    For i = 先頭行 To 最終行 Step 2
        Range(Cells(i, 先頭列), Cells(i, 最終列)).Interior.Color = RGB(204, 236, 255)
    Next i
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

範囲を選択してマクロを実行すると↓のように交互に水色に塗りつぶします。

ExcelVBA逆引き大全 600の極意 Office365/2019/2016/2013/2010対応

新品価格
¥2,860から
(2022/1/29 21:33時点)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA