【迷惑メール紹介】Amazonアカウントは停止されました、情報を更新してください。〖メールコード:M0786〗

届いた迷惑メールを紹介します。

おかしなポイントがいくつか見られるので、注意してチェックしましょう。

怪しいポイント

差出人のメールアドレスが不自然。

メールアドレスのドメインがランダムな文字列ですので、すぐに見分けることができます。

URLがランダムな文字列。

「所有権を証明」ボタン上にマウスを置くと、ThunderbirdだとURLが表示されます。URLはランダムな文字列が含まれたものになっていました。

さらにドメインはAmazonではなくamaezom(あまえぞむ)になっています。

緊急性を煽っている。

「アカウントの一部の機能が制限されています。」のように煽るような言葉を使っていますが、迷惑メールのよくある文言です。

本文にカンマ「,」と読点「、」が混ざっている。

迷惑メールによくあるのが、日本語入力だと見かけない文字が含まれていることです。日本語入力であれば、「、」のみが使われるのが普通ですが、翻訳ツールなどを経由したためか、英字入力してから修正したのか「,」が混ざっています。

件名のメールコードと本文のメールコードが違う。

1メール内で整合性が取れていないことももちろんおかしいですが、そもそもメールコードって何?という不思議な点もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA