WinMergeを右クリック起動で必ず左を変更前にする

結論:複数選択中に左に表示したいファイルの上で右クリック

プログラマーにとってコードレビューはつきもの。

様々なレビュー手法がありますが、私の場合はWinMergeでコード差分を確認するレビューがほとんどです。

さて、事前にWinMergeでコード差分を開いておいて、いざレビュー本番というときに、以下のように左に変更後が表示されていて、動揺している人をたまに見かけます。

「ファイルまたはフォルダーを選択」から開いて間違えることはまれだと思いますが、右クリックのコンテキストメニューから複数選択中に開く場合に半ばお祈りで開いている人もいます。

WinMergeを右クリック起動で必ず左を変更前にする方法

複数選択中に左に表示したいファイルの上で右クリック

↓下の画像はマウスが消えてますが、beforeの上で右クリックしています。

この場合は必ず左に変更前が来ます。

解説

コマンドラインの引数にどうやって値が入ってくるかをイメージできるとわかります。

コマンドラインでWinMergeを起動する場合、簡単に書くと以下のようなコマンドになります。

WinMergeU.exe %右クリックしたファイル %複数選択中のそれ以外のファイル

コマンドラインを触る機会が少ない人でも、コマンドラインの基礎を知っておくと役立ちます。

関連書籍

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

新品価格
¥3,278から
(2022/1/26 22:10時点)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA