OBSの音声をアプリごとに配信にのせるか設定する(2022年7月)

配信中に自分はYoutubeやPrime Videoを見ながら、配信には必要なアプリケーションの音声のみをのせる設定について、便利なプラグインwin-capture-audioがあるので、そちらを導入してい見ました。

環境

Windows:10

OBS:27.2.4

win-capture-audio-2.2.2

win-capture-audioをダウンロード

https://github.com/bozbez/win-capture-audio/releases

にアクセスし、Assetsをクリックし、win-capture-audio-2.2.2-beta-setup.exeをダウンロードします。

win-capture-audioをインストール

exeファイルを実行します。

ライセンスに同意します

設定はデフォルトのままインストールします。

OBSの設定

ファイル>設定から設定ウインドウを開きます。

音声>グローバル音声デバイスからデスクトップデバイスを無効にします。

ソースの追加

ソースの追加からApplication Audio Output Captureが追加されているので、追加します。

配信にのせたいアプリケーションを起動した状態で、プロパティを開き、セッションを指定します。

以下の画面では棒読みちゃんを指定しました。

指定したらAdd executableを押します。

Capture all audio EXCEPT sessions from the selected executables(選択した実行可能ファイルからセッションを除くすべてのオーディオをキャプチャします)はオフにしました。

テストで音声を流してみて、波形が動いていれば成功です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA